環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益継続戦略に適した生産計画立案手法の探索2

前報で需要変動上昇の際に今後の販売量に見合う調達費を
まかないきれないおそれと需要変動下降の際に過剰な
調達費を投資しかねないおそれから、利益自体を調達費の
計算に生かすような手法は利益継続戦略に適さないと述べました。
そして利益のプラスになりやすい手法の検討を示唆しました。

DBR状態を目指すということは販売量増加は自明ですし
需要変動下降時は毎回の回収額によって今後減らして
いく調達費をまかなえる、すなわち単位期間あたりの
利益を計上させやすいと考えられます。
以上より、需要変動上昇の時期を前提に利益をプラスに
させやすい手法を探索していくことが、利益継続戦略に適した
生産計画立案手法の探索にふさわしい方向といえます。

利益はスループット会計の視点でみますと
売上額から材料費と業務費用を減じた値です。
どのような単位期間を用いるにしろ業務費用は材料費よりも
抑制しにくいと考えられます。ですから利益をプラスに させ
やすいとは、材料費への投資額を抑えることをさすことになります。
利益継続戦略(戦略C)であるに関わらず、支出額抑制戦略(戦略B)と
同じような方向がみえてきます。
ですが利益継続戦略は利益獲得の継続する状態を目指します。
単純に支出を抑え続けるのではありません。
利益自体の動的挙動(ふるまい)を問題とします。

ここで、既報の
サプライチェーンマネジメント (SCM) における資金 (回収・支払) の流れの考察 1
サプライチェーンマネジメント (SCM) における資金 (回収・支払) の流れの考察 2
サプライチェーンマネジメント (SCM) における資金 (回収・支払) の流れの考察 3
サプライチェーンマネジメント (SCM) における資金 (回収・支払) の流れの考察 4
を参照します。この4報はサプライチェーンの資金の流れを考察した一連の報告です。
考察2に示した1セット目の数値実験結果を需要変動上昇の例として取り上げますと
*****
1セット目
1~6月後回収分の支払と固定の支払の際の結果
1,100 1,400 1,600 1,600 1,500 1,200 800
(再掲:末尾800は材料投入量安定化を模した固定の結果で
他はすべて工程期間の異なる支出額抑制戦略下の結果と
理解されたい)
*****
工程期間に関わらず材料費に要する資金の最も少ない結果は
材料投入量安定化の場合です。
経時変化でみると最も材料費を抑制しうる手法は
材料投入量安定化であるとわかります。
また、材料投入量安定化の背景に生産量安定化が
あるならば、 需要と同期させる戦略Bと比べると
求められる最大生産能力は低くてもよいため、
より業務費用を抑制可能です。このことから
材料投入量安定化の手法は、材料費と業務費用の
両面から戦略Bに比べ利益継続を可能とさせます。

以上の検討より、利益継続戦略には材料の投入量を安定化
させる生産計画立案手法が最適であると示されました。

材料投入量安定化や生産量安定化はリスク・不確実性とも
いえる市場の不安定に対する対応策にもなり得ます。
この点の考察に関しては
市場の不安定への対応 -経営体の安定化-を参照されたい。

なお具体的な手法に関して筆者の提案するDBRR
ブルウィップ効果も出現せずに有効であると考えています。
DBRRの簡単な説明、計算過程と数値実験などは、
木材SCM / Timber SCM -19- (雑誌掲載分)に載せていますので
よろしければご覧ください。


材料投入速度一定のDBR状態へ向かい
材料投入速度は安定しつつ加速し、
材料投入量安定化状態は最終的に
DBR状態となることでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。