環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調達量安定化: 調達費の固定費化: 経済の安定化と生物多様性保全

サプライチェーン上の経営体が部品・原材料の調達量を安定化させると
経営体の支払う月々の調達費は安定化されます。
このことは、調達費をあたかも固定費とみなしてマネジメントできる
ことを示しています。

調達安定化を戦略とする経営体の増加は、社会全体に流れる
キャッシュが安定することを意味し、経済の安定化を支えることに
なるでしょう。

調達安定化の増加は生産・輸送全般に関するインフラの負荷を
低下させるため、インフラに向けられる税金を減少させることにつながります。
このことによりインフラ以外への投資を増額でき、社会全体の便益を高めます。

経営体の施設規模やインフラの規模を抑制できるため、開発面積を減じる
ことになります。このことは、生物多様性保全につよくつながることでしょう。

下図は、調達量安定化のイメージです。
ブルウィップ効果(需要増幅)を放置した場合、
なんらかの対策を行った場合、
そして安定化させた場合のモノの移動量もしくは
キャッシュの移動量の振幅を表しました。



flowmin


図-1 モノとキャッシュの移動量の振幅のイメージ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。