環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木材SCM / Timber SCM -11-

ブルウィップ効果低減をねらうためのDBRの検討 2

材料の投入速度が、在庫量の多いときに遅く、
少ないときに速くなるように調整されると、
サプライチェーン全体の在庫量は過剰・過少を
避けた適切な量に近づくでしょう。
ここでいう適切な量とは、今後の販売量を
まかなう点で過不足ない在庫量といえます。
ところで在庫量と照らす需要予測や在庫目標値などは
過去の需要情報をもとに作られることが多いです。
単純に考えれば、最近の需要量が多ければ
在庫量を増やし、需要量が少なければ在庫量は
減らすことが自然な考え方です。
ですから、ロープで伝達される情報において
需要量の反映も重要と考えられます。
ここで材料の投入速度を、在庫量と需要量によって
調整される値と考えれば、調整のされ方と調整される
値を定めることで、ブルウィップ効果を軽減し
在庫量も考慮した投入量を求めることができるでしょう。

ここまでをまとめます。

・DBRの改良はブルウィップ効果を軽減できそうである
・材料投入速度に在庫量を反映させることは必要不可欠である
・材料投入速度に需要量を反映させることは重要である
・在庫量と需要量によって調整される値と調整のされ方を
 定めれば、投入量が求まると考えられる
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。