環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調達安定の手法 18 -生産計画 8:I-DBRR-


当初、Initial DBRR(I-DBRR)は調達安定の導入用に考案しました。
特徴やねらいは、計画立案のための情報収集などに
あまり時間をかけずに簡単に生産計画を立案するためです。
短期の需要情報、それこそ1週間程度の需要情報を用いて
日単位などの計画立案を行うことを想定しています。
生産や輸送を含めた多くの時間を要するサプライチェーンでも
簡単にこの手法を適用できそうです。

生産量は単純に以下の式でもとまります。

出荷在庫速度=短期の平均需要量
製品在庫速度=ストック/(ターゲットストック/出荷在庫速度)
生産量=出荷在庫速度×出荷在庫速度/製品在庫速度

説明を記します。I-DBRRでは、在庫速度という考えを用います。
1週間程度の短期の需要情報から1日あたりなどの
平均需要量をもとめ出荷在庫速度とします。
そして製品のターゲットストックを出荷在庫速度で除し、
需要からみた製品の生産期間をもとめます。
(なおここでは養生などの工程に必要な期間は考慮せずに、
単純に出荷在庫速度からすると何単位期間でターゲット
ストックを満たせるかという仮想的な尺度をいっています)
仕掛品を含めた実際の製品のストックを、この生産期間で
除すことで、製品の速度、すなわち製品在庫速度とします。
(製品在庫速度は、需要にもとづいた仮想的な生産期間からみた
これまでの生産の速度を示していますので実際の生産速度を
表しているわけではありません)
さらに出荷在庫速度を製品在庫速度で除し、調整のための値をもとめます。
出荷在庫速度とこの調整のための値とを乗じて生産量とします。

調達量も同様の計算になります。ターゲットストックやストックなど
計算に用いる情報は材料に限定し、材料在庫速度を計算したほうが
ねらい通り簡単でしょう。

なお本手法はまだ改善の余地が多そうです。ストックや需要の変動が
激しい際どう取り組むかなどです。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。