FC2ブログ

環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人

個人個人の生き方を互いに尊重しあい(理解・受容)
個人個人の生き方を個人個人が全うできること(実行可能・実現)。
そのための選択肢が広く在り、増え続けること。

環境・社会・経済の安定化は、量であれ質であれ
上記の必要条件であると考えています。

世界の人口は増加していくことでしょう。
環境・社会・経済は、それでも豊かで
在り続けなければならないのだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます 

なんだか、涙が出そうな内容です。
ほんとにそう思います。

ところで、ここにコメント書きたい時、クリックするcommentの文字のところが見つけにくいのが気になります。
私は今はもうOKですが、他の方はどうなんでしょうか。
  • posted by ぶぶ 
  • URL 
  • 2009.03/10 12:18分 
  • [Edit]

 

ぶぶさん

ありがとうございます。
個人をないがしろにして
お題目唱えても何にも
ならないようにおもいました。

また、みえにくいという
ご指摘ありがとうございます。
デザインをかえてみます。
お時間を下さい。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。