環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益継続戦略の概略 2

1. 調達量を変動から安定

本戦略実行において筆頭に挙げねばならない事は調達安定です。

平均的な需要量を材料の体積に換算し、調整方法を決めることで
調達量の値を取得できるでしょう。

調達安定により利益実行可能確率を向上させます。


2. 生産量を変動から安定

調達安定をより達成させるために生産量を安定化させます。

調達量同様に、平均的な需要量に対する調整方法を決めることで
生産量の値を取得できるでしょう。

生産量の安定化により業務費用を削減可能にします。


3. 在庫目標値を調達安定向けに設定

在庫の過不足を回避することに加えて安定した量が
生産システムを流れるようにするためには
最も顧客側にもうけた安全在庫量に対し
他の箇所をその半分程度におさえることで可能となります。


- 在庫目標値の説明 -

見込み生産を前提にしますと在庫の目標量(在庫目標値)を決め、
販売量の変動に対応するために、常に在庫量が在庫目標値を
超えている状態にします。

在庫目標値は平均需要量ないしは需要予測量に、安全在庫量を加えた値
とすることが一般的です。
ここまでで調達量と生産量など生産システムを流れる量は
平均需要量程度にほぼ安定させられていますので
在庫目標値は平均需要量に安全在庫量を加えた値を採用します。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。