環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益継続戦略の概略 1


既存の戦略の大半では、
キャッシュを増加させるための手段として
在庫低減に注力してきたようです。
確かに在庫をキャッシュに変換する行為は
販売行為そのものですし、過剰在庫を
キャッシュに変えなければ資金ショートを
起こす可能性が高まります。
キャッシュ増加の手段を在庫低減以外に考えてみますと
月々の収支をプラスにし続けることが挙げられ、
資金ショートは起こりませんし増分の多寡に
注文をつけなければ確実にキャッシュは増加し続けます。
在庫低減の場合は、回収額少なく支払額多い月が連続することで
キャッシュの減り続けることも考えられますし、ブルウィップ効果のために
在庫は多くなりがちで、需要の多い時に備えるために
経営資源は過剰となります。
月々の収支がプラスになり続けるかどうかは需要に依存するところ大ですが
プラスになりやすくしていこうという考え方が、これまで検討し続けている
利益継続戦略です。

回収と支払、そして業務費用の視点から検討したところ、
調達量を安定化させることにより利益実行可能確率を高めるので、
利益継続戦略に適していることがわかりました。
長くなりましたが、以降では利益継続戦略を行うには
どのようにしたらよいのかにふれたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。