環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既存のSCMと調達量安定化の簡単な比較

既存のSCMでは需要予測や販売速度に
合わせて調達します。
すると在庫量は最少になるため
キャッシュを手元に多く残せます。

しかしそのために要する経営資源は
多くなります。
なおブルウィップ効果への対策を
考慮しなければサプライチェーン全体の
在庫は過剰になり「在庫量は最少」と
なりません。


一方、調達量を安定化すれば、
利益を得る確率が高まります。
そして経営資源を最少にすることが
可能となります。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。