環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益継続戦略を確率から考える - 家でできるダイスゲーム - 2

前報にて業務費用は回収額からまかなわれるとして
回収ダイスの目(業務費用を差し引いた額と想定)から
支払ダイスの目(調達費分)を差し引く以下の式によって
利益額を取得しました。

販売分補充型の利益 = 1~6 - 1~6
調達量安定型の利益 = 1~6 - 3.5

前者: 後者で利益の正となる組み合わせは
15: 18 でした。

今回は、回収ダイスの各目の額を多めに
読み替えた場合の組み合わせを考えます。
なお前報でダイスの面が奇数の場合は確率は
等しくなると書きました。各目を読み替えた場合は
どうなるのか確かめるために仮想的な7面ダイスの
組み合わせも記します。

回収ダイスの各目(1~6, 7)に1を加えた(2~7, 8)場合
6面 21: 24 (安定型 1.14倍)
7面 28: 28 (安定型 1.00倍)

回収ダイスの各目(1~6, 7)に2を加えた(3~8, 9)場合
6面 26: 30 (安定型 1.15倍)
7面 34: 35 (安定型 1.03倍)


回収ダイスの各目(1~6, 7)に3を加えた(4~9, 10)場合
6面 30: 36 (安定型 1.20倍)
7面 39: 42 (安定型 1.08倍)


以上の組み合わせの単純な比較からしますと
ダイスの面の数の奇数・偶数に関わらず
支払額、すなわち調達費を安定させることで
利益を生み出しやすくなることがわかります。
なおダイスの面数変更や目の読み替えを行っても
戦略による総額の変化はありません。

ご自宅でも6面ダイスの各目を読み替えて
お試しになって下さい。

なお実際に前報のダイスゲームを24回行ったところ、
利益額合計は補充型で-15、安定型で-4と
どちらも合計が負になりました。
今回は安定型の方が利益額合計は多くなりました。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。