FC2ブログ

環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益継続戦略における資金の流れのダイスゲーム

利益継続戦略(利益戦略)についてダイスを使った簡単なゲームを行い、
直前の週の需要量を補充する戦略(補充戦略)の結果と比較しました。

結果からわかった利益戦略の特徴は以下の通りです。
なお本ゲームでは付加価値を考慮していないため
回収支払の差を単純に利益として述べます。
またことわりのない限り需要の変動する場合の特徴です。


1. 年単位でみた利益の変動は激しい
2. 利益の傾向は回収のタイミングに依存する傾向がある
3. 需要の多い時にはより多くの利益を得ることができる
4. 川上・川下の経営体で利益戦略を用いると川上側の利益は変動が少ない


ゲームの結果(表)は下記サムネールをクリック頂くことで別ウインドウに表示されます。




-表の項目の詳細-
stab: 利益戦略 refill: 補充戦略
1.1~1.5: 川下側経営体の1~5年の回収支払の差の合計値
2.1~2.5: 川上側経営体の1~5年の回収支払の差の合計値
p1: 調達1週間後請求書着 p2: 調達2週間後請求書着
c1: 納品1週間後請求書発 c2: 納品2週間後請求書発
sales: 各年の売上合計値



ダイスゲームの具体的な実施方法は以下の通りです。
なお本ゲームでは利益戦略の資金の流れの特徴をとらえる目的のため、
生産可能量・在庫量にはふれません。

6面体のダイス(一般的なサイコロ)を4個使い、
各ダイスを1カ月の1/4(ほぼ1週間)ごとに順にみたて
同時にふり、出た目の数値を需要量としました。
ゲームは5年分(5×12=60回:計240目)行いました。

本ゲームでは、調達・納品ともにダイスの目の数値を採用しました。
各月末ごとに回収支払が行われ、回収から支払を減じた
各年合計を結果とします。付加価値は考慮せず回収・支払ともに
単純に戦略に従い行われます。現実には付加価値が考慮され
より多くの回収額となることでしょう。ですから結果には当然、負の
値も出現しますが現実の資金ショートと意味が異なりますので
ご了承ください。

・利益戦略
-川下側経営体-
前週から遡った1年間の平均需要量に対し、前週の需要量を
ダイスの目の平均量(3.5)で除した値を乗じます。利益戦略は
現在のところ調達量安定化によるため、計算結果の上限を4、
下限を3とすることで調達量は常に3以上4以下となるようにします。
これらにより、平均的な値を直近の需要動向で調整した上で
安定的な範囲以内となる調達量を取得しゲームに採用しました。
-川上側経営体-
川下側経営体の需要量の全ては川上側経営体の調達量と同一です。
川上側経営体の調達量の計算過程も川下側経営体と同一です。

・補充戦略
-川下側経営体-
前週の需要量の値を今週の調達量に採用します。
-川上側経営体-
川下側経営体の需要量の全ては川上側経営体の調達量と同一です。
川上側経営体の調達量の計算過程も川下側経営体と同一です。

【追記】
本ゲームの利益戦略では在庫が考慮されていません。
在庫を考慮して調達量を決定していく設定にすれば
結果の利益の変動はもっと抑えられると考えています。
すなわち特徴の1. と3. は本ゲームに限定してのことと
考えられます。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。