環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Category [Timber SCM 001 ] 記事一覧

スポンサーサイト

木材SCM / Timber SCM -1-

 多くの分野の製品市場は製品供給過多となり、製造業は過酷な競争状態におかれ、市場適応を重視せねばならなくなっています。このような状況下で原料調達・製品生産・製品販売を一連の流れ、すなわちサプライチェーン ( Supply chain )として管理する考え方がSCM ( Supply Chain Management ) です。 SCMに基づく経営では、サプライチェーン内の在庫量すなわち原材料・仕掛品・製品を少なくし、戦略的投資に配分できうるキャッシ...

木材SCM / Timber SCM -2-

New business method (‘business model’ in JAPAN) for supply chain is proposed. Concretely it is a new production planning model. It is able to stabilize raw material release volume.This model attains 3 objects simultaneously. Objects are as below.1.Stabilizing raw material release volume2.Reduction inventory among supply chain3.Preparation for products to meet demand* Writer referred to “DBR” ba...

木材SCM / Timber SCM -3-

SCMSupply Chain Managementの略です。直訳すれば供給連鎖管理でしょうか。経営分野ではSCMの略した形で通ると思われます。SCMは経営における考え方です。その要点は以下3点とされています(Persson, 1997)。1 最終消費者に焦点をあてること2 メリット・デメリットを共有すること3 一体としてみること引用文献Persson, Ulrika. (1997). A conceptual and empirical examination of the management concept Supply chain manage...

木材SCM / Timber SCM -4-

ブルウィップ効果 / Bullwhip effectSCMでマネジメントされている流通経路上すなわちサプライチェーン上で観測される特徴的な需要変動増幅現象。川上がわの経営体ほど受注の振幅が大きくなってしまいます。1960年頃以降、提唱者のJ.W.Forresterにちなみフォレスター効果と呼ばれていました。数値実験の結果、需要変動増幅現象の確認し、その要因を情報・モノ双方の遅れと指摘しました。なおこの頃はsupply chainではなくsupply p...

木材SCM / Timber SCM -5-

ブルウィップ効果への対策McCullenら(2001)は以下4項目に注意を払うことでブルウィップ効果を緩和できるといっています。1 緩和しうる意志決定支援システムの採用2 計画立案間隔短縮3 情報共有4 流通段階削減   (計画立案上、在庫拠点ではなく流通チャネルとしてみる)引用文献McCullen P, Towill D (2001) Practical ways of reducing bullwhip: the case of the Glosuch Global supply chain. Control 26: 24-30...

木材SCM / Timber SCM -6-

制約条件の理論 (theory of constraints = TOC)イスラエルのゴールドラット博士による提案。生産システムにおいて加工能力の最も低いすなわち制約となる工程の能力に合わせて生産システムを運用する考え方(DBR)が有名。また管理会計としてスループット会計(TA)も提案。提案全体を通じ、制約を持つ状況を打破する思考プロセスを提案。TOCの考え方に基づくDBRは多くのSCM運用のためのソフトウェアに実装されているようです。「ザ・ゴ...

木材SCM / Timber SCM -7-

TOC : DBRDBR(ドラム・バッファー・ロープ)はTOCの中で生産システムの管理に関する考え方です。制約となる工程の加工速度(加工量/単位時間)をリズミカルに打たれる太鼓(ドラム)に例えています。ドラムの工程直前にはある程度の加工前の材料を用意(保護バッファー)します。材料不足によるドラムのリズム低下を防ぐためです。また出荷直前の製品もある程度用意(出荷バッファー)します。材料の投入速度は、ドラムの工程の速度に準じ...

木材SCM / Timber SCM -8-

TOC : S-DBR (Simplified-DBR)DBRを単純化して考え生産システム全体を出荷バッファーとみなす考え方です。納期に間に合うように生産システムを管理します。加工能力よりも市場(販売量)が制約であると認識される場合を出発点にしているようです。DBR・S-DBRいずれも「時間」を指標とする考えです。適切な在庫目標などは主としては論じられていません。ですから受注生産に特化した手法といえるでしょう。参考文献Eli Schragenheim an...

木材SCM / Timber SCM -9-

TOC : TA (throughput accounting : スループット会計)会計にはおよそ2つのものがあります。法的に作成が求められている制度会計と経営体が自らの現況を捉える資料として内部で作成し、意志決定の参考とする管理会計です。TAは管理会計です。ROIをもとめ、その値により生産システムの状態をしる手法です。ROIは、経営体の抱える全在庫を原材料の評価額に換算した値(投資:I)で利益(NP)を割った値です。このときの利益とは、販売額...

木材SCM / Timber SCM -10-

ブルウィップ効果低減をねらうためのDBRの検討 1DBRは制約となる工程の加工速度に準じて材料を投入する考えでした。ここにはブルウィップ効果は生じていません。ロープによって伝達される速度に制約条件以外のものも含ませることでブルウィップ効果を低減できると考えられます。なお注文生産ではDBR・S-DBRを用いればよいのでここでは見込み生産、すなわちつくりおきのための手法を考えます。DBRにおいて抱える在庫量はロープで伝...

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。