環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Category [環境: ecology ] 記事一覧

スポンサーサイト

森林

昨日の発表会で大学の先生と知り合いました。昨年の発表の際もご興味を持たれて学生さんに話しかけてこられたようです。その場で日本国の森林・林業の状態を説明させて頂きました。以下はお伝えした内容です。・世界に冠たる森林国家(国土面積7割)・木材の8割程度を輸入・戦後植林されて育った木が 伐られず花粉症の要因を形成・森林はあればいいだけではなく ある程度伐られることで下層植生が豊かになり 国土保全となる・以前...

木材

昨年秋ころ、日本の杉は世界一安価でした。いまは円高となりどうなったでしょうか。以前は木から作られたものは非常に多く生活領域にあったようです。プラスティックや金属などに変わられてしまいました。いまは、おもに建築材料に使われています。そうすると長さと太さが基準となるのでしょう林の年齢(林齢)が指標とされてきました。今後は・・・・いまもあるように、燃料として使われることも増えていくでしょう。また、高機能カ...

mecc賞2010 アドボカシー部門 応募

今年もmecc賞に応募しました!アドボカシー部門なるところへですが・・・私にはよくわからないのでいつもの繰返しを述べて応募です。内容は下記の通りです。*****〈背景と目的〉 熱帯・亜熱帯では太陽エネルギーが多く降り注ぐことから、植物の種は多い。種別にみると面積あたりの植生数は少ない。よって熱帯・亜熱帯における植物の多様性には広大な面積が必要条件となる。生物間の相互作用から植物の種の保全は動物の種の保全にも...

mecc賞2010 ビジネスプラン部門 応募

mecc賞2010 ビジネスプラン部門に応募しました。応募内容全文転載いたします。*****部品工場や原材料供給施設、またそれらを支える社会基盤の整備・拡充により世界規模で生物圏の面積は縮小していくように考えられる。縮小される面積を最小限にするためには、世界規模に展開されている流通経路の幅を可能な限り狭くすることが最も有効な方策のひとつと考えられる。世界規模に展開されている流通経路の幅を狭くし生物圏の面積を確保...

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。