環境・社会・経済の安定化 blog

blog for stabilization on ecology, society, and economy

Category [Timber SCM 003 ] 記事一覧

スポンサーサイト

木材SCM / Timber SCM -21-

その他の手法 2ブルウィップ効果低減の手法で簡単なものを考えます。製品在庫の入荷量だけを安定化させれば、なにも策を練らないよりはブルウィップ効果低減をねらえます。製品在庫の入荷量だけを安定化させるためには、単純に製品在庫の平均需要量を調整し入荷量として採用すればよいでしょう。また在庫不足を避けるために在庫目標の値を設定する必要があります。加工能力や在庫能力などの制約条件を除けば、平均需要量と在庫目...

木材SCM / Timber SCM -22-

conceptMain objective is stabilizing material flow fluctuation than that of product demand.Material flow streams smoothly. Bullwhip effect is less than 0.Management resources requires the least amount.CO2 is also the least.fig.1 is as below.case-1 is bullwhip effect distribution pattern.case-2 is information sharing style.case-3 is controled behaivor with Timber SCM or something like that. &n...

木材SCM / Timber SCM -23-

StructureTOC (theory of constraints) suggests management accounting (throughput accounting) andproduction planning method (DBR). I combined them to make material release volume stable.DBR has a rope, while new method (DBRR) has two ropes (①,②).In fig.1① = { ROI (revenue/inventory) +1.00 } * average demand (converted to raw material price) ② = average demand if stock volume does not reach target s...

木材SCM / Timber SCM -24-

その他の手法 2.1その他の手法 2に関連して在庫管理にふれます。その他の手法 2であげた手法を勝手ながら私と恩師の名字からAT法と名付けます。AT法では需要変動を直接受ける販売製品の在庫に限り、どれだけあればいいかの目標値を最低どれだけ保っていればよいかとしていました。もしも平均需要量だけあれば十分でしょうか。言葉通りあくまでも平均なので実際の需要はそれよりも多いか少ないかでしょう。平均の量は次回の需...

木材SCM / Timber SCM -25-

その他の手法 2.2仕掛品・部品・原材料のサービス率は、80%程度でよいでしょう。サービス率80%の安全在庫量は95%の安全在庫量のおよそ半分程度となります。また仕掛品・部品・原材料の在庫の調整は製品にくらべ容易なのでなるべく在庫量を在庫目標値に近づけるようにします。(製品の場合、在庫量を在庫目標値に対して超えるようにしていました)計画立案のサイクルを月ごととし、当月入出荷分は先月の受注に従うとします。仕掛...

左サイドMenu

Easyタグクラウド

search on contents

プロフィール

AOYAGI Shuhei Ph. D.

Author:AOYAGI Shuhei Ph. D.
handle: 古代の鐘 / ancientbell
email: trinity.rep@consultant.com
related site & blog:
website
English contents gathered here
SNS:
ancientbellをフォローしましょう
facebook
mixi

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。